公認会計士と税理士は、違う資格なのでしょう。 公認会計士と税理士は、違う資格なんです。 公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)は、企業の会計の監査を行います。 その他にも、決算書作成や総合的な調査、立案、相談なども行うというのが主な業務です。 一方、税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)は、税金に関する業務を行います。 税務調査や税務申告書などといった、税に関することのみを行います。 それに、公認会計士も税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)も同じ国家資格なんですが、公認会計士の方が難易度が高いだといえます。 国家資格で難易度が高い資格は、医師、弁護士、公認会計士の三つで、この3つを三大国家資格と言います。 公認会計士は、税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)登録をすることができ、税理士になることもできます。 公認会計士は、わざわざ税理士の国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)を取らなくても、税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)になれるのです。 しかし、税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)は、公認会計士の資格を取らないと、公認会計士にはなれません。 よって、公認会計士は税理士よりもいい資格と言えます。 たまに、公認会計士と税理士は同じと思ってらっしゃる方がいますが、このように全く違う資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)とされているのですー